便座とトイレの床の境目からの水漏れと対処

床と便座の接続部分からの水漏れの場合、何が原因であるのかを判断できれば、自分で修理ができるという可能性を模索できるものです。それぞれのケースに当てはめて原因を特定していきましょう。

■4つの可能性を考える

トイレの床と便座の隙間からの水漏れの原因は、4つの可能性を考えるようにしましょう。まず、便座の下側と排水管の繋ぎ目からの水漏れは部品の劣化や変形や亀裂を疑うのがよいでしょう。タンクと便座のつなぎ目からの水漏れも同様に、パッキンやシール材などの劣化を疑うべきです。ウォシュレットの水漏れは本体下側とホースの繋ぎ目の2カ所を触り、濡れているかを確認しましょう。濡れている場合はウォシュレット自体の修理が必要で、本体の交換が必要な場合もあります。タンク上部の手洗い水が漏れ出ている場合はタンク側面に水が垂れているかの確認をすべきです。

■部品交換で済む場合

トイレタンクと便座の繋ぎ目からの水漏れしている場合はパッキンを交換すれば修理できます。しかし、パッキンが原因ではなく、ディストリビューターが原因である事も考えられます。その場合は部品に穴が空いていないかの確認が必要です。トイレ便座と排水管の繋ぎ目からの水漏れは便座を取り外しての修理が必要となります。便器の取り外しは難しいため、業者への依頼がおすすめです。


■まとめ
トイレの床と便座の隙間からの水漏れの場合は原因を特定できれば、自分で修理ができるかを判断できます。考えるべきは4つの可能性であり、専門業者に依頼しないといけないかも変わっていきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ