手洗い管のトイレの水漏れを修理する方法

トイレの手洗い管からポタポタと水漏れした場合、専門業者に依頼するのが確実な改善方法です。しかし、どうしても費用が多くかかります。自分で直す場合は部品代だけで直せる場合もあるので、その差は大きいです。具体的な修理する方法を見ていきましょう。

■部品の劣化は自分で修理が可能

トイレの手洗い管から水漏れした場合、部品の劣化は自分で修理が可能です。タンク内のチェーンのもつれは蓋を開けてチェーンの位置を確認してほどくことで解消されます。フロートバルブが劣化し損傷している場合は交換すれば問題ありません。パッキンの劣化や損傷も新しいものと交換が必要であるものの、メーカーによってサイズが違う可能性もあるため、公式サイトからの取り寄せが理想的です。それぞれのマニュアルに従っての交換を行う必要があるのが注意点です。

■修理作業を行う前に下準備

手洗い管のトイレの水漏れを修理する前に、止水栓を閉めて給水されないようにしましょう。トイレタンクの蓋は慎重に外すことも意識しないといけません。蓋と給水管がつながっているかの確認も必要です。確認していないと給水管が損傷してしまう可能性もあります。ゆっくり蓋を持ち上げて給水管と手洗い管がつながっていないかを確認しましょう。


■まとめ
手洗い管のトイレの水漏れを修理する方法はそう難しくはありません。しかし、自分で修理ができない場合もあります。この場合、専門業者に依頼することを念頭に置いた方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ