トイレの水漏れは真空ポンプで修理が可能

トイレの水漏れの原因が詰まりである場合、真空ポンプを使用しての対応を考慮すべきです。お湯やラバーカップで詰まりが解消できなくても、真空ポンプを使用すれば解消できることも少なくありません。

■真空ポンプとは

真空ポンプは強化版ラバーカップと認識して問題ありません。吸い込んだものを押し出すことができて、トイレの便器の穴にフィットするようにつくられています。真空ポンプを使う際にはまず養生しましょう。次に水を溜めていき、ハンドルの押し引きを繰り返して詰まりが直るかを試すのが基本となります。流してしまうと再度詰まってしまうため、ビニール手袋をして手を突っ込んで異物を回収しましょう。



■正常に水が流れていることを確認

真空ポンプを使用して詰まりが解消できたと思っても、本当に解消できたかどうかはバケツの水を流して確認しないと分かりません。トイレの水漏れの原因となる異物を取り除いたとしても、完全に詰まりが解消していないことも少なくありません。そのままレバーを回して水を流すと水があふれてしまうこともあります。そのため、少しずつ水を流していき、正常に水が流れていることを確認しましょう。




■まとめ
トイレの水漏れの原因が詰まりの場合は真空ポンプを使用するのが効果的です。お湯やラバーカップを使用して取り除けない異物も取り除けるのがメリットです。本当に異物を取り除けたかどうかは、正常に水が流れていることを確認しないと分からないのが注意点です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ