トイレの水漏れの原因である詰まりを除去する方法

日常時から、雑なトイレの扱いや、乱暴な使用方法は故障の原因につながります。とりあえずは使用をすることができても、いつ水漏れするか分からない状態であるのは事実です。配管内で異物が混入し、水が流れなくなっているかどうかは普段とどういった違いがあるかを確認すれば判断できます。

■平常通り水が流れない状態について

配管内の異物を除去するにあたっては、まず配管内の異物がどのようになっているのかを考える必要があります。使用を始めてから年月の経っているトイレであれば、配管内が老朽化しており、堆積物が詰まっている可能性をを疑った方が良いでしょう。水を流した際水流が少ないときには、詰まる前兆なので注意が必要です。ゴムフロートの未機能やタンク内の不具合が疑われます。また、流水で聞きなれない音がする時は、近いうちに故障する前兆です。

■異物になりやすいもの

トイレでは基本的にトイレットペーパー以外の紙を使用してはいけません。詰まりの原因として吸い殻、ポケットティッシュなど流してはいけないものを流してしまい、詰まってしまうこともよくあります。水に溶けづらいものを流して、異物が詰まると正しく排水されません。ティッシュペーパー、クリーナーなど思いつく原因がある場合、放置をすると堆積物がさらに増え、状況が悪化する恐れがあります。そのため早急に異物を取り除くことが大切です。しかし、トイレの詰まりを自分で除去しようとしてさらに被害を拡大してしまう可能性も考えられるので、そのような時は無理をせず業者に依頼をしましょう。

■まとめ
トイレの水漏れの原因となる詰まりはすぐに対処して、原因を排除するか、専門業者に任せるなどして対処すると良いでしょう。まずは自分で解決できるかどうかを確認するのが望ましいと言えます。さらに、異物になりやすいものを落としてしまったかも一度チェックしてみてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ